読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和キッチン かんな@三宿

三軒茶屋と池尻大橋、その間にある民度の高い土地が三宿です。
どちらの駅から行ってもまあ遠い。

メニュー

かんなのかき氷メニューは3パターン。

  • 数週間レベルのスパンで変わる季節モノ(KKS=日のまぐれロップ)


  • たぶん中長期提供されている限定かき氷


  • いつでもある定番かき氷



これに裏メニューとしてtwitterフォロワー限定のかき氷も。


季節モノ、つまりKKSは1000円前後と値段も高いだけあって階層ごとにいろいろ入ってたりするのでなかなか複雑なお味です。
たとえば今日食べた「キャラメル苺カスタード」なんかは中にきなこが、底にほろ苦いチョコソースがあったり。カスタードが食べたくてキャラメルと苺はおまけぐらいのスタンスで来たのに、なぜか最後はチョコの味が口に広がっている…という、そこまで求めてなかったんだけど美味しいよありがとう案件。でもやっぱりカスタードで口を満たしたかった…案件。

洋菓子っぽいメニューもありますが、基本的には和テイストのメニューが多め。
定番氷、限定かき氷は量は季節モノと同じですがメインのシロップ+下の方にミルクシロップ のシンプルめな構成ゆえにお値段700円前後。

舌が賢くないので氷のことは感想を差し控えますが、家族は「ここのを食べると頭がキーンとする」と言っています。

常人が1人で無理なく1杯食べられる量です。

twitter氷は量が普通の2/3程度。「さくらと酒粕」しか食べてないので今後はわからないけれど、味付けをシンプルにしている分材料費がかさまなくて量出せるんじゃないかなと。もっと少なくても個人的には構わない。

そして通常氷は500円のミニサイズもあります。普通に和食も出している店なのでごはんの後にちょっと氷をって人向け。もっと少なくても個人的には…

そしてケチな常人は1回の来店でひとりでも色々食べたいものですが、ミニサイズ定番氷+twitter氷 の組み合わせじゃないとちょっと危険ぽい雰囲気がします。以前、KKS+ミニサイズでトライしたものの暖房が体に効きづらくなっていくのもあってなかなかの胃もたれでした。二度と同じ過ちを犯さないためにこうして書き留めているのに、暑い夏なら空調もなにもないし2杯目いけるんじゃないかと思ってしまった自分がいるけど、KKSを食べずして帰るのはやっぱり勿体無いので結論気になるものを1杯に決めて食べることをお勧めします。

雰囲気

壁一面の大きな窓、温もり感のある木の内装で開放感あり。雰囲気いいです。
ただ開放感あるとこって空調効きにくいように感じるので、ただ氷を食べにいくためだけに来訪する、胃袋・代謝・防寒具などの装備が備わっていない私なんかはちょっとつらめ。ブランケットは席ごとに置かれているのでお店はちゃんと優しいと思います。

情報

twitterでは季節モノ(KKS)とtwitterフォロワー限定氷の切り替わりのお知らせ、営業時間・定休日関連のお知らせのみ。ふつうの限定氷の切り替え情報も、売り切れ関連のリアルタイムな情報もなければ無駄話もないので「すごい気になるのが登場したら行く」程度のスタンスの人にはフォローしておいても特にうっとおしさはありません。
Instagramは謎な画像がある上に虫の息なので見なくて問題ないです。